カイポケ開業支援

賠償責任保険とは|カイポケ介護開業支援サービス

カイポケ開業支援サービス  »  介護 指定申請とは  »  賠償責任保険とは

賠償責任保険とは

公的介護保険の指定業者には、賠償資力の確保が義務付けられており、実質的には賠償責任保険へ加入しなければ、指定申請は通りません。

介護事業者の賠償義務は、介護や看護の業務中に身体を傷つける、物を壊すといった範囲にとどまらず、ケアプランの作成ミスによる利用者の経済的負担も含まれ、法律に賠償責任が明記されています。

介護保険法と障害者総合支援法で定められた施設の事業者または運営者と、社会福祉法に定める第1種社会福祉事業者及び第2種社会福祉事業者が保険契約者となります。

具体的に、賠償責任保険でカバーされる主な事例を挙げていきます。
・管理財物の事故
利用者の介護ベッドを操作ミスで壊すといった、利用者の所有物の管理中に起因する事故です。
・業務遂行中の事故
高齢者をベッドから転落させケガを負わせてしまう、利用者の枕元に置かれた眼鏡を踏んで破損させてしまうといったものです。
・施設での事故
施設の階段の手すりが壊れていたことによって、利用者がケガを負う、看板が落下し通行人にケガを負わせるといったことが挙げられます。
・業務の結果による事故
施設での洗濯で漂白剤が残っていたことにより、利用者の肌に炎症を起こす、デイサービスで提供した食事によって食中毒が起こったといった事例が想定されます。
・経済的損失
ケアプランの作成ミスによって、本来受けられるサービスが受けられなかったケース、要介護認定の申請代行を忘れたため給付開始が遅れたケースなどが考えられます。
・人格権侵害
利用者に無断でホームページに、ケアプラン等を載せてしまい、利用者からプライバシーの侵害を訴えられるケースなどです。

賠償責任保険の年間保険料は、施設に関わる理事や役員、職員、パートタイマーの人数によって変わりますが、おおよそ20~30万円要します。賠償責任を負うような事故を起こさないことが一番ですが、事故防止を徹底していたとしても、事故が起こるリスクはあります。

賠償責任保険に加入していなければ、指定業者になれないばかりではなく、利用者に安心してサービスを利用していただくことができません。費用を掛けて、賠償責任保険に加入する必要があります。

カイポケならどういったサービスが受けられるの?

カイポケでは開業支援の一環として、新設の事業者を対象に賠償責任保険の加入を1年間無料で提供しています。賠償責任保険は年間20~30万円の保険料がかかりますので、開業当初のコスト負担が軽減できます。提携先の保険会社は、三井住友海上火災保険株式会社ですのでご安心ください。開業前に賠償責任保険の加入をお考えの方は、お気軽にカイポケにお問合せくださいね。

~開業に必要なことは、すべてカイポケにお任せください~ 

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。 
特にはじめての場合は、「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」と、不安もいっぱい。 

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、 
莫大な費用がかかり、せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・ 

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、丸ごとお手伝いします!しかも、すべてなんと無料!!この機会に、ぜひお問合せくださいね。  

※下記の「申込はこちら」のバナーをクリックして、フォームの送信をすると、お申し込みが完了します。
カイポケ開業支援サービスで、不安な事業の立ち上げをスムーズに! 
面倒な業者選びなど手続きの工数を大幅に削減! 
士業やコンサルタントに依頼するとかかる、莫大なコストを大幅削減!

申込みはこちら