カイポケ開業支援

介護事業所 指定申請とは|カイポケ介護開業支援サービス

カイポケ介護開業支援サービス  »  介護 指定申請とは
分かり難い指定申請を理解しよう!

指定申請とは

介護事業を開設するには、会社や法人として登記が完了しているだけではできません。介護保険事業者として決められた指定基準を満たし、国から指定される必要があります。(申請の受理は都道府県、市区町村に移管されています) そのための申請を一般に「指定申請」といい、都道府県又は市町村に「事業者指定申請」を行う必要があります。

申請書類は、通所介護(デイサービス)・訪問介護・居宅介護支援によって、また受理先の公的機関によって必要な書類は異なります。

大まかには
・人員基準
・運営基準
・設備基準
以上の3つの基準があり、これらを全てクリアしなければなりません。
とくにデイサービスでは小規模多機能型居宅介護人員基準
や通所リハ特有の基準もあります。

また、この指定基準は、申請時だけ満たしていれば良いわけではなく、指定を受けた後でも指定基準が満たない場合には取り消されますし、指定基準や義務に違反した場合には、処罰されることがあります。

~開業に必要なことは、すべてカイポケにお任せください~ 

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。 
特にはじめての場合は、「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」と、不安もいっぱい。 

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、 
莫大な費用がかかり、せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・ 

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、丸ごとお手伝いします!しかも、すべてなんと無料!!この機会に、ぜひお問合せくださいね。  

※下記の「申込はこちら」のバナーをクリックして、フォームの送信をすると、お申し込みが完了します。
カイポケ開業支援サービスで、不安な事業の立ち上げをスムーズに! 
面倒な業者選びなど手続きの工数を大幅に削減! 
士業やコンサルタントに依頼するとかかる、莫大なコストを大幅削減!

申込みはこちら