カイポケ開業支援

ケアマネジャーの研修について|カイポケ介護開業支援サービス

カイポケ介護開業支援サービス  »  ヘルパーや介護職員の採用  »  ケアマネジャーの研修について

ケアマネージャー研修の概要と重要性

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、実務研修受講試験に合格し、その後に必要な研修を受けた人だけがなることができる職種です。さらにケアマネジャーになった後も、5年ごとに研修を受け、資格を更新しなければなりません。

この更新研修の内容は、ケアマネジャーとしての実務経験があるかどうかによって変わります。ケアマネジャーの資格を得た後、実務経験がある人が受けるのは、「専門研修Ⅰ(33時間)」「専門研修Ⅱ(20時間)」に相当する更新研修です。ただし、2回目の更新になる人など、専門研修Ⅰを修了している場合はその分が免除され、専門研修Ⅱに相当する講習だけを受ければよい場合もあります。

実務未経験者の場合は、未経験者向けの更新研修を受けなければなりません。基本的には講義形式の前期研修と演習中心の後期研修を合わせて44時間ほどの研修です。

これらの更新研修のような都道府県が主体となって行う「必ず受けなければならない研修」のほかに、任意で受けられるケアマネジャー向けのスキルアップ研修などもあります。主催者は自治体や、民間団体、ケアマネジャーが所属する事業所などです。高齢化が進み、より多様で高度な介護サービスが求められている現在において、多職種との連携を図るか要となるケアマネジャーは重要な役割を担っています。それゆえに、ケアマネジャーの研修は、サービスの向上に直結するものなのです。

ケアマネージャー研修の主な内容とかかる期間は?

ケアマネジャーの更新研修は、都道府県ごとに行われています。そのため、詳細は各自治体によって異なりますが、基本的なスケジュールをみておきましょう。

実務経験者で免除なしの場合、53時間以上の更新研修を受けなければなりません。前期が33時間以上、後期が20時間以上です。だいたい前期を5日程度、後期を4日程度にわけて行います。ケアマネジャーは通常の業務を抱えているので、これらの日程を連続で行うことは難しい場合が多いです。そのため、前期後期を合わせて3~6カ月のうちに研修が終わるようにスケジューリングがされています。東京都などケアマネジャーの数が多いところでは、年間で3期ほどに分けて研修を実施しています。この研修を通して、介護制度論や保健福祉医療の基礎理解などの講義に加え、ソーシャルワークケースや演習を行うのです。

実務未経験者向けの研修は、前期を5日、1カ月ほどの実習、自己学習を挟んで後期研修を2日受けるなどの日程が組まれています。前期でケアマネジメントに必要な専門知識を講義形式で学び、実習期間中には自分でケアプランなどを作成することが課題です。そして、後期では作成したケアプランをもとに演習などが行われます。

このように、ケアマネジャーは資格の更新研修を通して質を維持しています。しかしながら、介護保険制度は改正も多く、介護サービスに欠かせないケアプランを作成するケアマネジャーには常に新しい知識が求められます。自治体主体の更新研修以外にも定期的に研修などを行い、スキルアップを図れるとよいでしょう。

ケアマネジャーをスタッフとして雇用した場合、開業前、開業後も育成について考えていかなければいけません。更新研修の日程なども調整する必要があるため、 参考としてこのページをお気に入り登録しておくことをおすすめします。

~開業に必要なことは、すべてカイポケにお任せください~ 

開業までの数ヶ月は、やる事が盛りだくさん。 
特にはじめての場合は、「何から始めれば良いの?」「どんな順番でやれば良いの?」と、不安もいっぱい。 

そんな中、会計事務所やコンサル会社にサポートを依頼すると、 
莫大な費用がかかり、せっかく貯めた開業資金がもったいない・・・ 

そんな不安を解消するために、カイポケは開業までに必要なことを、丸ごとお手伝いします!しかも、すべてなんと無料!!この機会に、ぜひお問合せくださいね。  

※下記の「申込はこちら」のバナーをクリックして、フォームの送信をすると、お申し込みが完了します。
カイポケ開業支援サービスで、不安な事業の立ち上げをスムーズに! 
面倒な業者選びなど手続きの工数を大幅に削減! 
士業やコンサルタントに依頼するとかかる、莫大なコストを大幅削減!

申込みはこちら