介護事業と会計士とは?

会計士は、一般法人、NPO法人、社会福祉法人等の企業に応じた会計システムを提供しています。介護事業者の収益には、国保連(国民健康保険団体連合会)に請求する介護報酬と、利用者から徴収する利用料、介護保険外サービスなどがあります。とくに、介護徴収や支援費収入の処理は介護(支援費)事業者独特の管理であり、ほかの会計と区分する必要があります。複数の介護事業を経営している場合には、事業区分別の損益管理をしなければなりません。介護事業者は、運営基準に定められている介護会計基準に基づいた会計処理が求められます。介護事業者のための、より効率的な会計管理をサポートしています。

介護事業経営の全般をカイポケがサポートします!

導入事業所数は16,000以上
介護事業所経営の"不安"・"面倒"を解決する、経営支援サービスです。

カイポケのポイント
◆各種帳票作成~国保連伝送まで、保険請求の必須機能を網羅
◆採用・営業・資金調達・物品購入等で、経営サポートを受けられる
◆全国で定期的に開催される経営セミナーに参加できる
◆経営安定まで、サポートセンターからの徹底サポートを受けられる

今なら、"最大6ヶ月間無料体験"を実施中。
この機会にぜひ無料体験を!

もっと詳しく

資料を取り寄せる
無料体験してみる

Copyright (C) SMS Co.,Ltd. All Rights Reserved.掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信を禁じます。

運営株式会社エス・エム・エス 会社概要
【 モバイルサイト 】