メールマガジンバックナンバー

カイポケの詳細はこちら

*************************************

平成24年度介護保険法改正に向けて

厚生労働省で議論が進んでいます

*************************************

株式会社エス・エム・エスの増山です。

あなたも既にニュースでご覧になったかもしれませんが、
平成24年度介護保険改正に向けて徐々に議論が進んでいます。


今回の改正では

・処遇改善交付金に相当する分の介護報酬引き上げ

・高所得者の自己負担割合増加

・ケアプランづくりの有料化

といったことが議論されています。


介護報酬の引き上げは多くの事業所にとって朗報でしょう。


一方、利用者の自己負担が増加するとなると、
各事業所から利用者に対して細かな説明が必要になります。

制度が馴染むまではバタバタすることも多いかもしれません。

■あなたは法改正に向けて、他にどんな準備が必要かご存知ですか?

制度が改正されれば介護給付費単位数も変更になります。


単位数が変更になれば、請求業務に使っている「介護ソフト」も
法改正対応バージョンアップが必要になります。


前回の法改正で経験されているかもしれませんが、
ソフトによっては法改正対応料として数万円~数十万円を
請求されることもあるようです。


あなたも

「ただでさえ毎月高い料金を払うのに、
 本当にこれ以上高い金額を支払わなければいけないの?」

と、今からうんざりしているのではないでしょうか?

■法改正対応料必要無し!

月額たったの1,980円(税込)から使えるソフトがあります。


介護ソフト『カイポケ』なら高額な法改正対応料は必要ありません。

カイポケの詳細はこちら

また、法改正に伴う面倒なバージョンアップ作業も不必要です。
インターネットを通じて自動的にバージョンアップされます。


しかも料金は、

居宅介護支援用:月額1,980円(税込)
サービス事業所用:月額3,980円(税込)

と低価格です。


もちろん、計画書、利用票や提供票、
利用者向けの請求書の作成などに対応しています。

詳細はこちら

カイポケの詳細はこちら

ただでさえ忙しい法改正時期なのに、

・突然の大きな出費

・面倒なバージョンアップ作業

が重なればあなたにとっても負担が大きいのではないでしょうか?


今のうちに『カイポケ』の導入を考えておくことは、
あなたにとっても非常にメリットが大きいと思うのです。

■気が向いているうちにお問い合わせください!

今行動しなければ、あなたはきっと日々の業務に追われ、
あっという間に法改正時期を迎えてしまうでしょう。


『カイポケ』ではあなたに安心してソフト導入を検討して頂けるよう、
2ヶ月間の無料体験期間を用意しています。


次回の法改正を穏やかに乗り切るためにも、
今のうちにカイポケの導入をご検討ください。

カイポケの詳細はこちら

カイポケのトップに戻る

カイポケとは | 居宅介護支援ソフト | 訪問介護ソフト | 通所介護ソフト | 福祉用具貸与 | その他のサービス